ストーンブレスレットの紐の多くは伸縮するポリウレタン素材のゴム紐です。

このゴム紐は買ってからどの程度使えるかというと、

個人差がかなりありますが長く使う人だと3年くらい。

 

3年はかなり長い方に入りますが、ここまで長いのは体内の電位と細胞を構成する物質やエネルギーの振動数が安定していて且つ低めだから。

t02200196_0547048713531263975%e2%85%ae2

短い人では、極端な例だと新品のゴム紐を交換して数時間で切れたことも確認しています。

この短さの原因を作っているのは体内の電位と細胞を構成する物質やエネルギーの振動数が不安定で高めだから。

t02200196_0547048713531263975

上下両方の人体図を比較してもらうと、目で見れるようにするとこんな感じです。

色が濃い方が薄い方より、ゴム紐に負荷がかかります。

また、

健康とか健全性の観点で見ると、濃い方が物質的エネルギー的に密集していますが、

これは満員電車に乗っているようなものなので快適ではありません。

濃い方のように、

ストーンブレスレットの紐を新品に交換してすぐに切れてしまう方は家庭や職場、学校、人間関係に不満や不和、衝突を抱えていることも少なくなく、

故障や病気にもなりやすいか、患っている例が見受けられます。

そういう例の相談があったら改善も提案しながらゴム紐の交換をしています。

dsc_0021

ストーンブレスレットは使っていなくても、紐は疲労します。

それは、何故なら天然石が人間と同じように酸素を構造する、空気(空間中)の微細な分子や粒子、信号や脂質、水分を振動を伴いながら吸収したり放出したりしているからです。

 

ゴム紐は、疲労や経年劣化してくると白く濁ってきます。

dsc_0016-1

この白くなったのを新品のゴム紐に交換すると

dsc_0023

透過します。

dsc_0020

細かいことを言うと、紐の劣化は新品のゴム紐を交換する時に、結ぶ際最期に引っ張って縛るワケですが、

爪を引っかけてゴム紐にスジを入れてしまうと、そこから断線することもあります。

また、天然石に空けられた紐穴の面が滑らかではないと、

ゴム紐が伸び縮みする度に擦れて断線する原因を作っている場合も。

 

紐が切れて散乱してしまうと失くしてしまう可能性は高く、

 

見つかったとしても落下は傷や欠けを誘発します。

高価な天然石や、思い入れのある天然石がそうなってしまうと凹みます。

ゴム紐は早めに交換することをおススメします。

dsc_0022

ゴム紐交換は一本300円でやってます。