bandicam-2016-11-20-20-06-41-021

地球上の人間の思考を

カップラーメンにお湯を入れて5分で食べる的
短時間で変えるには、
空気中とあらゆる物質のエネルギーをほかの惑星に転移(感染させる)ことで可能になる・・・なんてことを今朝書きました。

そこでは、地球と、地球の50〜100倍の大きさの惑星へ地球が保有しているエネルギーを移管するとか、

地球に50倍から100倍の大きさの惑星を接近させると言うと現実的ではありませんが、

エネルギーの在り方と流れの問題なら荒唐無稽な話では無いんです。

画像は

グレ―アゲートという瑪瑙種の天然石です。

瑪瑙は人の脳から生成される脳波(電位)と脂肪が大好きです。

瑪瑙は、市販品だと紐穴の透過は殆ど見られない黒っぽい石なのは天然石ショップに行くと見ることが出来ます。

自分のところの天然石は、その黒い状態をお店から普通に買ってきてて黒いエネルギーを抜いてしまうのです。

そうすると、紐穴がクッキリ見えてきます。

市販品はおいておき、

今回は手入れをしてある天然石を使ってて脳波・電位や脂肪の感染を目で見えるようにしたので興味がある方は見てください。

一番先頭に載せた画像は、皆さんも普段吸っている空気の、その中にある脳波や脂肪を感染させたものです。目では見えませんが電磁波なんかも吸収されています。

瑪瑙は、電磁波や脳波、脂肪が感染すると白くなります。その白くなったのがさらに感染が進むと透過度の低い

黒い色になります。その黒くなった段階がショップなんかに置かれて販売されている状態になります。

2枚目の写真は透過度があって、最初の写真より黒っぽいですがが、、これは空気中の電磁波や脳波、脂肪を抜いたものだからです。

一個一個を別々に見るとなんだか違いがわかりません。

そこでで両並べたのが3枚目。

左と右を見てもらうとグレ―アゲートの濃淡が一目瞭然です。

構図は、

向かって左の白い方が電磁波や脳波、脂肪が多く、

右側のにはそれが意図的に抜いてある状態。

エネルギーの世界は、

出力や比重が高い

または重い方から低い方に流れるのが鉄の掟です。

自然にそういい流れになるんです。

ですから、この同じものであるグレ―アゲートのエネルギーの高い方と低い方という明らかに出力の違う物同士を接近させると、

高い方から低い方に流れてしまうんです。

それは両方が接近すればするほど顕著に表れ、それを示したのが4枚目の両方が一番近くに接近したところを大きく写したところです。

4枚目の写真は、両方接触しているように見えますが、

接触してはいません。

4枚目のこの場所から濃い感染が起こり、そこから低い方が高い方のエネルギーを引っ張ります。

5枚目は濃い色の低い方が、白く高い方のエネルギーを各玉が順々に伝染して行っているところです。

石でエネルギーの流れを説明しましたが、これは人間も同じです。

石の場合、見やすいのと見難いのがありますが、見れるものであれば人間の鈍い視力でもエネルギーを捉えることが可能です。

ここで、時折心配されるであろうと予想されることについて触れておきますと、才能や性癖は奪われてしまうのか?というところです。

これは先ず、才能は奪うことが出来ません。

性癖は、物によりです。だいたいに言えることは、度を越した売りつけや押しつけはしずらくなります。疚しさや狡さ、卑怯さは抑制されます。

でも、これは相手に承諾を必要としません。だって、もし仮にに図々しい人がいたとして、

その図々しさが暴力的で迷惑だとしても、それを指摘すると激高する可能性がありますが、

このやり方は相手に了解を得る必要もなければ、説得する必要も全く無いのです。

なにせ、目では見えないのですから。

この方法は、人間の身勝手や横暴さのような感情論の制御に始まりり

病気の改善、地震のような自然災害にエネルギーの問題とその制御まで多岐に関連してきます。

エネルギーの在り方や流れを使えば

人に自覚をさせず他人の思考や行動を操作するのも不可能ではありません。

当面考えなくてはならないのは、日本に対する支配構図や政治権力の在り方です。

政治にも今後益々声が届かなくなるでしょう。

その届かないところに

見えない力を民衆が駆使することが出来れば可能性は十分あります。

少しでもこれを学ぶ人が増えますように。

見えない力を操る者より。

因みに、

白い方のグレ―アゲートはエネルギーをを抜いてしまえば、

比重の軽い黒っぽい方のグレ―アゲートと同じ色と状態になります。