2016年03月13日 00時00分52秒
テーマ:

11日にFacebookにて、

空気を使って、空気に含まれる分子や粒子、信号や脂質、水分を操作して、

離れた場所や指定した場所の分子や粒子、信号や脂質、水分の均衡と張力に変動を起こして、

空気中にある、目に見えない微細な物質群を増減させて空間に圧力の高低差を作り回転運動を起こさせ、

指定した場所の構造を担っている分子や粒子、信号や脂質、水分の結合を解く(遠心分離に近い)を誘発させる(絶対稟界現象を起こす)ことで、

暴力癖や支配欲など、強い執着の思考の脳に指令を出している信号に制限を掛けていく、

蟻地獄という技術を公開しますと言いました。

お待たせしました。

そこで、

前もってお話しさせていただきます。

日頃から言っていることですが、

男と女があるように、善と悪があるように、昼と夜があるように、晴れと雨があるように、

この世のあらゆる物事に対極が存在します。

しかしながら、

利益になったり、立場が優位になったり、欲求や興味を引くような物事は、

そこにだけに、意識を釘付けされてしまいがち。

ともすれば、

見ているその場所、その風景以外に

他存在するものは何も無いだろうとすら思うことがあるかもしれません。

今回お話しする蟻地獄。

このお話に目を通した時、

じゃあ、悪用する者も出てくるだろうということを危惧するかもしれません。

ですので、あえて言っておきます。

ここも、これまでお話ししたことがあると思いますが、

蟻地獄という技術の存在も、ところどころに出てきます絶対稟界も、

自分の話す技術の大半は、

現行社会を逆行させたに過ぎません。自分なりに、突き当たるまで考えていたらそうなった。ということです。

ですから、

この記事の内容を逆行させれば、現在の

目の前にある

日常の景色とか環境になります。御承知ください(^^)/

それと、

この記事は、書こう書こうと思っていましたが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。それは、

あたかも、目に見えない制止がかかっていたような、

そんな気分にさせられることもありました。また、説明をするのにしても、

どうやったら理解してもらえるか?

理解する、理解しないでは、説明する側にも責任が発生しますから、その辺も課題となっていました。

しかし、今日公開するのに適していると判断でき、

皆さんという公開できる対象の存在と、自分の気力と体力、健康であることに感謝しながら進めてまいります。

さて、蟻地獄です。

字だけ見ると雰囲気的にコワイ印象を受け、

あたかも、特別な能力や知識を持たないと理解も展開も出来ないのではないかと思うかもしれません。

それは違います。

絶対稟界も蟻地獄も、似たような現象はその辺に起こってます。

ただし、

人間の目は余程大きいとか、鮮明さが無いと確認できません。

ですので、

目で見えない物事でも、日常で見ていて、

似たような物事と組み合わせて書いていきます。

ということで、この写真。

今は引っ越しして住んでいませんが、去年まで借りていた部屋です。

間取りはこんな感じ。

15帖のリビング一杯に棚を入れ、

最近はあまりニュースで騒がなくなったストーカー事件や、

学校での子供のイジメ、家庭内暴力、健康問題の資料やフリーエネルギーや地震の研究の為の

天然石を入れていました。

これまでもそうですが、

個人が生活する部屋という空間や、居住者同士近所付き合いをする構造的な共有する部分も研究材料としてきており、

それ故に、今回は誰でも関わりうる日常ありがちな物や風景、体感、経験を含めて蟻地獄を説明して行きます。

空気を使って、空気に含まれる分子や粒子、信号や脂質、水分を操作して、

離れた場所や指定した場所の分子や粒子、信号や脂質、水分の均衡と張力に変動を起こして、

空気中にある、目に見えない微細な物質群を増減させて空間に圧力の高低差を作り回転運動を起こさせ、

指定した場所の構造を担っている分子や粒子、信号や脂質、水分の結合を解く(遠心分離に近い)を誘発させる(絶対稟界現象を起こす)ことで、

暴力癖や支配欲など、強い執着の思考の脳に指令を出している信号に制限を掛けていく。

ここに関心がある方ばかりだと思います。

当たり前ですよね(笑)

これ、条件が幾つかあって、効果を示す部分では時間がかからなかったり、時間がかかったり、

体感が出たり、体感が出なかったり、対象の状態によって差が出たりすることは当然ありますが、

地球の裏側にも波及させることが出来るんです。

ですが、

地球の裏側まで、自分の足で行くとしたらサッサとは行けません。

ですが、

空気を使うので、蟻地獄も絶対稟界も距離は絶対的な障害では無く、

むしろ気が付かないことや認識していない、知らないことが障害の大半を占め、その気が付かないことを

書くことで、

足りないところを埋め合わせて蟻地獄の原理を把握して行きましょう。それと、虫がキライな方も居るので蟻地獄そのものとか、ウスバカゲロウの画像は控えます。

豆知識ですが、蟻地獄はウスバカゲロウの幼虫ということです。成虫のウスバカゲロウは

神様とんぼとか、

極楽とんぼと呼ぶ地域もあるようです。

また、群馬県ではウスバカ ヤロウという方言があります。

ウスバカ ヤロウは、

救いようのないマヌケ、馬鹿な奴。と言う意味です。

ウスバカゲロウとウスバカ ヤロウ。似ていますが間違えないようにしてください(笑)

さて、本題に入ります。

今は3月です。

だんだんと暖かくなってきておりますが、まだまだ寒く、空気も乾燥しています。

空気が乾燥していると、

お肌はカサカサになりますし、風邪も引きやすくなり、健康面で部屋に加湿器があると重宝します。

部屋と間取りと、加湿器が、

皆さんも大半が加湿器を使っているでしょうから、蟻地獄を説明するのにも関係していて丁度良い。

勘の良い人ならピン!と来て居るかも知れません。

湿度です。

湿度という水分の変動と、

これまで説明している微細な分子や粒子、信号や脂質、水分の動きでは構造や環境に影響した量に違いがあるだけで基本は同じです。仮に、その変動が不安定かつ不規則な動きとして捉えられる場合がありますが、

それは隙間があったり、熱源や空調設備がある等、複数の、湿度を誘引、分散する要素、理由、原因が存在するとそうなります。

湿度の動きを意図的に操作する方法で手っ取り早いのは、

部屋のドアや窓を閉めて密閉する。

例えばです。

和室だけ(畳があると湿度を90%まで上げるのは難しいかもですが・・・)湿度を極力高く設定したとします。

冬場なら、

他の部屋の湿度は20%を切るでしょう。

和室の湿度の状態を出来るだけ高くしてから、

玄関や窓以外の全てのドアを開ける。

最期に和室の戸を開けるとどうなります?

和室に充満していた湿気が一気に湿度の低い各部屋に、吸収されるようになだれ込み、

高かった和室の湿度は、湿度の低い各部屋に食われるように、一気に下がります。

これはたまたま時期が今だから、湿度の話をしていますが、

湿度に限った現象ではなく、

温度とか気圧とか、

水圧とか張力とか電圧等、

色んなところに同じ構図が見られます。

水分は、

分子や粒子、信号や脂質と構造を成すのに補完関係があり、こと人体においても水分と脂質(脂肪)が大半を占めているのは周知のことであります。

そして、その中でも、

水分と脂質は同体とも言える関係で、

例えばタイヤ。

自転車でもバイクでも車でも、

古くなって経年劣化したタイヤは表面に無数の細かいヒビや裂け目が入ってきます。あのヒビは、

風雨、日光、摩擦、使用年数が伸びる程入ります。

他にも、家庭で使っている蛇口の根元に使われている、

水が漏れるのを防ぐ、真ん中がくり抜かれた黒いゴムのパッキン。

あのパッキンも

劣化してくると厚みが薄くなり、

ヒビが入ってパリパリになり、

最終的に蛇口を締めても水が漏れるようになりますね。

脂質と水分の関係は、

脂質だけあっても水分が無ければカサカサパリパリになってしまい、

水分があっても脂質が無ければ、保湿出来ないから、成型や形状は保てません。

加えて、

脳の脳波とか筋肉に走る筋位という電位も、

電圧に属する低いながら電気信号の仲間です。

人間の脳波は、空気(空間中)にバンバン飛び回ってます。見えていないだけです。

脳波は、

個々に周波数がズレています。ですから他人と完全一致や完全同通してしまうことは少ないです。

完全に一致も同通もしにくいですが、

近いことは普通にあります。

近いと言うのが類は友を呼ぶとか、以心伝心とか、似た者同士と表現されるものですね。これにより、

近いことで良いことがあったり、反面良くないことがあるのは言うまでもありません。

それと、風邪とかウィルス性の病気等に見る感染や伝染も、成分とか組織に信号や水分、脂質や微細な分子や粒子が関係しているので

脳波の成分と同類です。

ただし、同類に属しても、分量とか組み合わせが違うと効果、効能、性能、性質は千変万化となり物や事は多岐に渡ります。

携帯電話やパソコンも、

電話番号やIPアドレスに対してWi-Fiなどの信号や電波を送受信させる、

機械同士で着地点を決め、周波数により完全一致または完全同通をさせて通信を可能にしたものです。

人間に当てはめてみても同じです。

と、

微細な分子や粒子、信号や脂質、水分という存在は、人間をはじめとしたこの世のあらゆる形状物、構造体を作っている。そして、その体を成すのに、

それぞれが、

それなりに法則とか割り振りがある。

あ、そう言えば分子 粒子 信号 水分 脂質ですが、

それぞれを英語で直訳すると、

Molecular 、particle、 signal、 moisture、 lipidということです。

長いので短くする為にMo2liparsと名付けています。

最近使っていませんので、ここで復活させます(笑)

このことから、

信号を移動させれば、水分も脂質も、分子も粒子も動く。

Mo2liparsは動くということになります。

Mo2liparsは人間の体そのものです。

そして、

空気をはじめ、草も木も花も昆虫も、動物も背景とか環境、自分以外の他人も例外はありません。

物事によって組み合わせが違うから、そこが壁だったり、天井だったり、

道路だったり、草木だったりと境界の線になりますが、

万事万物の基本構造はつぶつぶブツブツの集合です。

Mo2liparsの目線で見ると地球丸ごとつぶつぶブツブツの状態です。

これ、支配層の連中は多分知ってるよ。多分、ね。ただ、断言はできません。

でも確実に言えることは一般は知らない。

携帯電話やパソコンの通信は、パソコンや携帯電話の中だけで完結していると思っていますよね。

でも、違うんです。

ああ、それが電磁波ね?とか言うでしょ?

そう、電磁波もある。

でもそれだけじゃありません。

これは前もって言っておきます。

全員が既にやっています。やっているんだけど予測も予想もしていない、完全な不可抗力です。

その完全な不可抗力を、把握して統制して使っているのが自分です。

こういうことを言うと、

ハッカーとかウィルスとか、盗聴とか、盗撮とか変なことを連想したり、変態的な趣味に使っているのではないか?と考える人が居ます。

心配しないでください。やってません。興味が無いから出来ないです。

ニュースとかになる、その辺に居るチカンとか

性犯罪者とか、変態のああいう趣味も全くありません。しかも、この話は、

ハッカーやウィルスの類ではなくまして、誰かの生活を覗くものでもありません。

対象は、威張っていて、横暴で暴力的な犯罪がらみの人間の脳。

脳波を下げて

考えを下げるというのかな・・・。考える行為を阻害するというのかな・・・。そんな感じ。

それと、脳波とか電位が高いことで心身が故障している人の改善とか解決も対象にしています。

ここはとりあえず、

記事を読んでもらえば、どんなのを対象としているかわかると思うんですよね。

世の中いろんな人がいることで、気に入らない奴も居るんじゃないかと思う人も居ると思うけど、

犯罪が絡んでいない場合以外、個人的な話や個性に干渉しません。

ただし、威張っていて、横暴で暴力的な犯罪がらみの人間の思考は、

空気中に蔓延する、数多いる人間の欲望から発せられる脳波を吸収し餌にするようにして凶暴化します。

個人的な話や個性に干渉はしないけど、

威張っていて、横暴で暴力的な犯罪がらみの人間では、例えば紛争とか戦争を起こすような人間に、

餌となる欲望とか意欲とかの信号を散々吸収させるように食わせて、謀略や紛争をさせる企画力に通ずる

気力を与えているとしたら、

単に

個人の欲望だからとか、希望だから自由じゃんっていう話も言い分は、確かに理解は出来るけど、

本質的なところを知っちゃうと、

考えることや姿勢も度を越したら犯罪でなくても遠からずということなんですよね。

言いたくないけどさ。

電波はもとより脳波が他人に影響するなんて、

俺だって研究して

知るまでは、知らなかったんだよ。

その集大成がこれ以降に紹介する、

これまで何回も使ったことがある写真ですが、

天然石の水晶です。

上下とも、

彫り物が違うだけで同じ水晶です。

水晶は

圧電体と言って、電気や電波を帯びる性質があって、

脳波みたいな微弱な信号も吸収するんです。それと、

人間と同様、脂肪や水分も吸収し、その体積は構造の3倍くらいは凝縮します。

水晶という天然石を見て、天然石を知っている人で、

水晶が脂肪をため込むとか

水分を凝縮させるなんて、知っている人は居ないと思います。

また、ほかの天然石でも大なり小なりこの性質があるんです。

上下の写真の右側にある薄い紫色をしたのが脳波を極限まで抜いてあり、

左の薄い青白い方は脳波を吸収させている状態です。

この写真に、

脳波の状態を当てはめると、

右の薄い紫色をした方の脳波は縮小、もしくは沈静化していて、

左の薄い青白い方は活発に信号が出ています。

水晶は、体から出る電場から微弱な信号、脳波を吸収し、色でその状態が反映されます。

残念ながら、

肉眼でこの差を見極め、区別することは不可能です。

携帯のカメラで撮影したものでありますが、

画素に周波数の微妙な違いで転写させる芸当が肉眼には無いので、

この瞬間に立ち会った自分の目でも、

実際に見ては居ますが、差も何もわからず、

後から見て画像を確認して、

はじめて知った次第です。

そして、究極が

このアメジスト。脳波を叩き込んで流動化させて中身を飛び出させた状態。

亀裂を入れるとかは比較的簡単に出来るけど、これは普通には無理。

偶然、その瞬間の数十分前から雷が発生していて、

数あるこの手のアメジストに通電がてら脳波の入力と品質の確認をしていたら、

雷と脳波の波長が合ってしまったみたいで、

このアメジストを持った瞬間、高い電圧が通電し爆竹が炸裂したような甲高い音が数回して、

見たら

煙が立ち込めてアメジストの中から、シトリンが隆起してきた。

アメジストの中からシトリンが隆起したのは、

元々アメジストの色を決める自然界にある放射線の影響によるもので、放射線量と温度の違いで黄色になればシトリンになるし、

紫色ならアメジスト。ピンク色ならローズクオーツ、黒ならモリオン、茶色ならスモーキークオーツと呼ばれるようになる。

まあ、あの時は捨てようかと思ったよ、ビビッたから。

でも、指が飛んでもつまんだ指は離さず、この様を最期まで見ようという使命感が勝った(笑)少しだけ。

と、

携帯電話やパソコンの無線通信は、

微細な分子 粒子 信号 水分 脂質それぞれ英語で直訳すると、

Molecular 、particle、 signal、 moisture、 lipidということで、

長いので短くしてMo2liparsと名付けています、

その世界観で見ると、ダダ漏れ。完全露出、完全共生しているんです。

そして、

ここを踏まえて、自分のところの部屋とか持ち物とか、体もそうです。

微細な分子や粒子信号や脂質、水分量を低くして、

反対に微細な分子や粒子信号や脂質、水分量の比重が重そうな人の所をめがけて、

ホームページなりブログなりを開くと、

水が高い所から低い所に流れるように、

脳波も比重が高い所から低い所に流れる自然の法則が働くから、

それを利用して、フィッシングのように無線通信の電波に乗せて懐に引っ張り込んで、

天然石に吸収させる。

悪意と善意というものがあったら、

電気的、エネルギー的、物質的に見ると比重は悪意の方が圧倒的に大きいし

重い。

悪意を持った大人の周囲にある空気から抽出される、

抜き取れる脂質(脂肪)は重量にして凡そ10㎏程度だろう、そこに信号や水分、色んな分子や粒子が付随している。

最も、今まで最高に採取量は7~8㎏程度。もちろんその分体重も減る。これにかかる時間は3年から5年。

考えや行動は確実に変わる。本人は気付かない。ただし、周囲の人間は気付く。

丸くなったし優しくなったよねぇって(笑)

この過程で気を付けなければならないのは、

抜き取る時、相当凝縮されているので一時的に脳の信号の流量が増えるんです。

そうなると、日頃暴走癖や、暴力癖、支配癖、難くせ付け癖に拍車がかかる。

ここに注意して操作していかないといけない繊細さが要求されるので、

自分がやるならまだしも、ほかの人がやる場合、厳密に言うと課題がある。

ただ、武器や暴力をふんだんに使って犯罪を犯したり、

支配したりする悪質な人間に、武器の無い人間が対抗するにはこれ以外、戦う手段はもう無い。

このところは、

1%の支配層と99%の奴隷たちなんて見聞きするようになりました。

99%側なんて、戦える武器が無いから勝負になりません。でも、

唯一体積だけは圧倒的に多い。

1%の支配層の邪悪で比重のクソ重い脳波を奪っちまえ。ということです。

やり方は、

左の薄い青白い方の水晶から右の薄い紫色の水晶の状態にして、

パソコンとか携帯で、対象とした人のブログやホームページを見る。

気のすむまで見たら、

使った水晶を塩水に3日入れる。この時、余裕があれば太陽に晒すと分解が促進される。

分量は500ml程度の水道水に塩を約大さじ一杯。

この塩水でブレスレットの体積もしくは一本分。

塩水に3日入れた水晶を4日目に出して、身に着ける。

対象とした人のブログやホームページを見る。

気のすむまで見たら、

使った水晶をまた塩水に3日入れる。これを延々と繰り返す。

これをやられると、

対象とされた人は、こと邪悪な思考を持っていると比重の重い脳波から削られる。

悪党と言っても全部が邪悪なわけではなく、良心もある。善良な部分は比重が軽いので削れない。

一応言っておく。

善良と邪悪さの解釈はどうなっているのか?

と疑問が出た場合、

その基準は放火魔的思考を持っているかどうか?このさじ加減と考えて良い。

誰だって、自分の住んでいる部屋や家に放火されたくはないだろう。

自分の個人的なさじ加減で言えば、

空き缶をそこいら辺にポンポン捨てる、自分の先輩のような人。ありゃあ、イカン。

冗談みたいだけどマジだ。先輩だし厄介にはなっているけど、

彼のそこは許せません。

あ、脱線しましたが、

水晶をはじめ、天然石は一番使える。ただ天然石でなくても、木材とか、アルミや鉄、銅とか金属は使えます。ただし、塩水を使うので錆びるでしょ。

陶器や樹脂、ガラスは使わない方が無難です。何故なら、天然石と比べると能力がかなり低い。時間と労力の無駄。

何気に、

岩塩を入れたお風呂に入って、体から直接微細な分子や粒子、信号や脂質、水分を汗と一緒に流して減らしても、実は天然石と同等の能力がありますね。

ここで注意することは、

体から直接微細な分子や粒子、信号や脂質、水分を汗と一緒に流して減らすので、

天然石という間接的な物質を使うのではないので、エネルギー的に移動し、それまで構築してきた張力が欠けるので、

かゆみが出たり、蕁麻疹がでたり、ヒリヒリしたり、赤くなったりする症状が出る場合もあり、

神経も過敏になったり、落ちることがあったり、明るくなったり、前向きになったり、

変化が出たりします。

忙しいです(笑)

でも、そこを乗り越えると安定した心身が手に入ります。この症例は、ゆうに30年以上の研究と、20年近い実例を照らして出しているお話しです。でも、ただ、

乗り越えなきゃならない責任も義務もありません(笑)

話は変わりますが、記事冒頭のこの画像。この画像にも意味があり、

脳波は、比重の高い所から低い所に移動する。

脳波は微弱な信号なので実際見えませんが、そのことを説明するとしたらこの画像の様な感じです。

武器も無い、力も無い人が、武器と暴力を使う人と競り合う場合、数と頭脳でやるしかない。

紛争や戦争を画策して武器や暴力を使うタイプの人間の欲の皮は相当分厚いです。

これはおそらく才能とか何かの因果が働いている、ある意味、究極の天才と言って良い。だからこそ、

誰か一人を吊し上げ、

1,000人とか5,000人規模で包囲して、出来る限り大人数で囲んで、無線通信線上から脳波を奪い取って行く。

してやったり感は全くありませんが、続けていれば言動も思考も変わる日が来る、

勝算は十分ある。

俺はこの方法で、相当な人数の

悪魔に魂を売ったマジ吉君を地べたに沈めてきた。生かしてね。

俺の事を変態呼ばわりしている暇があったら、

そこいら辺にある物から分子や粒子信号や脂質、水分を抜いて空にする。

蟻地獄は別名、現代版の新説、パンドラの箱。

ホームページやブログをガン見して、クソ生意気な連中を

いてもうたれ(笑)